2010年08月14日

どうしてわかったんだろう

某宮崎さんのおすすめ本を載せたらアクセスが増えたのはいいんですが。
たまたまアクセス解析見たら、「マチュピ アニメ」で検索かけてる人がいるではないか。
おれの中でこの検索をかける人はひとりしか知らないけど(笑)やつか?
それとも、おれの職種を知ってる誰かですか?

どちらにせよ、ブログって書くことないなぁと思って停滞してるのですよ。
まぁ、ぐだぐだ言うとりますが、来年には職種も名前も明かして新しいテーマで書き始めるんで、そのときまで待ってちょ(*'ω'*)

新しい内容は、関東の面白パワースポット巡り「はっけん東京近郊遺産!」かな(笑)
乞うご期待☆



posted by みちゃむん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展

↓に行ってきました。
https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000035693/1536/info_d_pv

【速報】
以下、会場でもらえる小冊子の掲載順です。

星の王子さま/サン=テグジュペリ 作・絵/内藤濯 訳
チポリーノの冒険/ジャンニ・ロダーニ 作/杉浦明平 訳/さし絵:B.スチュエーヴァ
・バラとゆびわ/サッカレイ 作/刈田元司 訳/さし絵:岡部一彦
ムギと王さま/E.ファージョン 作/石井桃子 訳/さし絵:エドワード・アーディゾーニ
三銃士/アレクサンドル・デュマ 作/生島遼一 訳/さし絵:長沢節
秘密の花園/バーネット 作/吉田勝江 訳/口絵さし絵:深沢紅子
・ニーベルンゲンの宝/G.シャルク 編/相良守峯 訳/さし絵:向井潤吉
不思議の国のアリス/ルイス・キャロル 作/脇 明子 訳/さし絵:ジョン・テニエル
シャーロック・ホウムズの冒険/コナン・ドイル 作/林 克己 訳/さし絵:向井潤吉
小さい牛追い/マリー・ハムズン 作/石井桃子 訳/さし絵:エルザ・ジェム

せむしの小馬/エルショーフ 作/網野菊 訳/さし絵:V.プレスニャコフ
ファーブル昆虫記/ファーブル 作/大岡信 編訳
日本霊異記/水上勉 作/さし絵:司修
イワンのばか/レフ・トルストイ 作/金子幸彦 訳/さし絵:スズキコージ
第九軍団のワシ/ローズマリ・サトクリフ 作/猪熊 葉子 訳/さし絵:C.ウォルター・ホッジズ
くまのプーさん/A.A.ミルン 作/石井桃子 訳/さし絵:E.H.シェパード
・風の王子たち/ボードウイ 作/安藤次男 訳/さし絵:寺島龍一
思い出のマーニー/シェーン・ロビンソン 作/松野正子 訳/さし絵:ペギー・フォートナム
長い冬/ローラ・インガルス・ワイルダー 作/谷口由美子 訳/さし絵:ガース・ウィリアムズ
たのしい川べ/ケネス・グレーアム 作/石井桃子 訳/さし絵:E.H.シェパード

飛ぶ船/ヒルダ・ルイス 作/石井桃子 訳/さし絵:ノーラ・ラヴリン
フランバース屋敷の人びと1/K.M. ペイトン 作/掛川恭子 訳/さし絵:ビクター・G・アンブラス
真夜中のパーティ/フィリパ・ピアス 作/猪熊葉子 訳/さし絵:フェイス・ジェイクス
トム・ソーヤーの冒険/マーク トウェイン 作/石井桃子 訳/さし絵:T.W.ウィリアムズ/カバー絵:ノーマン・ロックウェル
注文の多い料理店イーハトーヴ童話集/宮沢賢治 作/さし絵:菊池武雄/カバー絵:宮沢賢治
ハイジ/ヨハンナ・シュピリ 作/上田真而子 訳/さし絵:マルタ・プファネンシュミート
海底二万里/ジュール・ヴェルヌ 作/私市保彦 訳/さし絵:アルフォンス・ド・ヌヴィル
床下の小人たち/ノートン 作/林容吉 訳/さし絵:ディアナ・スタンレイ
長い長いお医者さんの話/K.チャベック 作/中野好夫 訳/さし絵:ヨセフ・チャベック
ツバメ号とアマゾン号/アーサー・ランサム 作/岩田欣三、神宮輝夫 訳/

飛ぶ教室/エーリヒ・ケストナー 作/池田香代子 訳/さし絵:ヴァルター・トリアー
ロビンソン・クルーソー/デフォー 作/海保眞夫 訳/さし絵:ウォルター・パジェット
宝島/スティーブンスン 作/阿部知二 訳/さし絵:寺島竜二
森は生きている/サムイル・マルシャーク 作/湯浅芳子 訳/さし絵:ヴァルヴァーラ・ブブーノヴァ
みどりのゆび/モーリス・ドリュオン 作/安藤次男 訳/さし絵:ジャクリーヌ・デュエーム
ネギをうえた人/金素雲 作/さし絵:金義煥
聊斎志異/蒲松齢 作/立間祥介 訳
ドリトル先生航海記/ヒュー・ロフティング 作・絵/井伏鱒二 訳
西遊記/呉承恩 作/伊藤貴麿 編訳/さし絵:吉岡 堅二
小公子/バーネット 作/吉田甲子太郎 訳/さし絵:古茂田守助

クローディアの秘密/E.L.カニグズバーグ 作・絵/松永ふみ子 訳
やかまし村の子どもたち/アストリッド・リンドグレーン 作/大塚勇三 訳/さし絵:イロン・ヴィークランド
ホビットの冒険/J.R.R. トールキン 作/瀬田 貞二 訳/さし絵:寺島竜二
影との戦い(ゲド戦記1)/アーシュラ・K. ル=グウィン 作/清水真砂子 訳/さし絵:ルース・ロビンス
まぼろしの白馬/エリザベス グージ 作/石井桃子 訳/さし絵:ウォルター・ホッジズ
ぼくらはわんぱく5人組/カレル・ポラーチェク 作/小野田澄子 訳/さし絵:岩淵 慶造
・ジェーン・アダムスの生涯/ジャッドソン 作/村岡花子 訳/さし絵:ラルフ・レイ
キュリー夫人/エリナー・ドーリイ 作/光吉夏弥 訳/さし絵:ロバート・ギビングス
オタバリの少年探偵たち/セシル・デイ ルイス 作/脇明子 訳/さし絵:エドワード・アーディゾーニ
ハンス・ブリンカー/メアリー・メイプス ドッジ 作/石井桃子 訳/さし絵:ヒルダ・ファン・ストックム

【会場に貼られていた岩波少年文庫以外でのおすすめ】
いやいやえん/中川李枝子 作/さし絵:大村百合子
ブラッカムの爆撃機/ロバート・ウェストール 作/金原瑞人 訳/さし絵:宮崎駿

巻末寄稿文より
【中川李枝子さんのおすすめ】
あらしのまえ/ドラ・ド・ヨング
あらしのあと/ドラ・ド ヨング 作
パセリ通りの古い家/ベナリイ・イスベルト 作
ふしぎなオルガン/レアンダー 作
ふたりのロッテ/エーリヒ・ケストナー 作



【追記】
リンクが切れてるものは現在絶版になっているものです。2010年8月現在、ユーズドで手に入るものを一部リンクつけました。
今回は岩波少年文庫の創刊60周年記念の展示なので、紹介された本はすべて岩波少年文庫より発刊されたものです。現在発売されていないものも含まれています。
岩波少年文庫の生みの親であり、名訳で知られる石井桃子氏の訳を強調しました。
宮崎さん曰く、ここでは紹介しなかった言わずもがなな名作はあえて省き、1人の著者からはできるだけ1冊だけに収めるようにしたそうです。
会場に貼られていた宮崎さんのインタビューのボードの下に岩波少年文庫ではない本も貼られていたので追加しました。

【雑感】
小冊子は1050円購入した方に無料で配られるのですが、予想以上の売れいきでした。ちなみに私は「くまのプーさん」と「フランバース屋敷の人びと」を購入しました。
児童書ということですが、今回の宮崎さんのチョイスはかなり好みが反映していて、特に「第九軍団のワシ」なんかは全く子ども向けじゃないです。インタビューでも本は子どもに与えて情操教育をさせるものではない。大人になってから読んで良いのだ。と書かれていたりして。なのでこの企画はとても面白く大成功だと思います!笑
欲をいえば、宮崎さんがどのような経緯でそれぞれの本に出会ったのかも知りたかったです。ちなみに友人からのすすめで読んだ本は推薦文に記載されていました。
推薦文の内容で特に読みたい!と思わせるのは「ハンス・ブリンカー」で、宮崎さん曰く「古い本なので、なかなか出会えないかもしれません。ものすごく幸運だったら出会えるかもしれません。あなたに幸運を・・・。」という〆の言葉があり、アマゾンのユーズドにあるのはチャンスではないかという気がしてきました。(やはり数日内に欠品になりました。)
個人的に、そうそう!これこれ!という本がたくさんでしたが、なにか物足りない気がしてます。
今度は福音館書店の50冊もやって欲しいなと思いました。

最後に。宮崎さんのインタビューが秀逸なのですが、ここに書けないことが残念です。誰か書いてくださると良いのに〜。
posted by みちゃむん at 21:21| Comment(16) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ナポリ行きたい

ピッツァが食べたくなったらイタリアのナポリに行きましょう。

え?
ピザなら日本でも食べられるって?
お客さんこれはピザじゃなくてピッツァです。

欲張りなあなたにはピッツァカプリチョーザはいかがでしょう。
わがままなこどもっていう意味。いろんなものがのっているんですよ。
マッシュルームにアンティチョーク、オリーブにアンチョビ、モッツァレラチーズにバジル。
どうです。美味しそうでしょう。

あなたも人生に一度は本場ナポリのピッツァをナポリで食べてみませんか。

ナポリには他にも美味しいものがたくさんあります。
日本人も大好きなパスタ料理も豊富にあり、特に家庭料理は絶品です。
ナポリでは結婚記念日などの祝い事には路上で盛大に祝うという風習があります。
運良く出くわした人はナポリの皆さんと一緒になって記念を祝い、飲み食い楽しませてもらいましょう。
posted by みちゃむん at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

test

BEybrtE6q5didhfaO26P4lQ8_500.jpg
posted by みちゃむん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

海の女神の社殿 宮島 厳島神社

遺産シリーズ満喫中のみちゃむんです。

isan001.jpgisan002.jpgisan003.jpg
探検ロマン世界遺産で珍しく日本のものをとりあげてて面白かったので紹介します。
皆さんご存知、世界遺産『宮島 厳島神社』です。

何度も足を運ばれている方もいらっしゃると思うので、基本的な話はスルーしまして、この宮島の面白さは社殿や鹿だけではないことをお教えしたいと思います。

私が高校生のころ、広島観光の流れで宮島を訪れたときの話です。
実際に何度か宮島に行ってホテルなどに泊まった方はわかると思いますが、実はこの島、夜になるとロビーの自動ドアが手動式になるところがありまして(笑)
外へ出ようにも、ベルボーイもなんかこっち睨んでるし、はじめは外出禁止令かなんかか!?なんて思って見てると、何人かの観光客が出入りするんで、睨まれつつも恐る恐る外に出ると

外は電灯さえ灯らない真っ暗闇。

非常灯の点滅がゾンビゲームを彷彿とさせます。
そのときは人もいなかったんで大丈夫かどうか本気で焦りましたが、時期になれてむしろ楽しむことができました。
次の日からは、いかにベルボーイにばれずに外に出るかという遊びで意外に盛り上がったのも、今となっては良い思い出です。

現在は社殿の夜のライトアップ24時まで営業してるカフェ(伊都岐)もあるらしいので昼に負けずとも劣らない宮島が楽しめるかと思います。

isan004.jpg
忘れてはならないのが弥山です。
ここまで登るのは大変ですが、写真でもわかるとおりの巨岩や原始的な植物群で有名な弥山原始林、そして高台からの絶景をぜひ一度ご堪能ください。


最後に、仔鹿の餌やりだけはご注意ください。
あいつらの食欲は本気です。

かく言う私も体中に付着したアイスのしみをしゃぶり突かれ大変なものをさらけ出すことになってしまいました。。。


この意味、わかりますか。




posted by みちゃむん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の遺産紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

対談2009『アラハタとは何か』 中国福建省客家土楼群

今2009年の歳初めとしてひとつプロジェクトを予定しています。
マチュピチュに行き隊のみなさんお久しぶりのみちゃむんです。

同じ美大の同期さおりんさんと、今『20代(アラウンドハタチ)とはどんな世代であるか』を問い直すべく対談をします。
時期は未定ですが、3月までにはします。
たぶん対談内容をここでポッドキャスト化すると思います。

chengqi4m.jpg
ここ数日NHKの発掘ロマンチック世界遺産キャンペーンと称しまして、画になる遺産を探すべく世界遺産系の番組を見まくってます。
今日は中国福建省の客家土楼を見ました。
つい最近世界遺産に指定されたものらしく、今現在人が住んでいる土楼群です。

福建省なのでさすがに本物は見にいけませんが、楼閣の2階から周囲を見渡しながら空間の抜けをレイアウトすると面白いと思います。
中国在住の方はぜひ一度足をお運びください。



posted by みちゃむん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の遺産紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

今日のメール

こんばんわ。そしてはじめまして、田舎(井の中)の蛙、みちゃむんです。
今日は皆さんに、ぼくと、われらがマチュピチュ商人ジャニ中とのメールのやり取りを公開します。
彼が存在する不思議な世界の一端をご覧ください。
※《》内の文章はぼくです。

______________________________________


しんや(以下S):マガマガポケッチュ(´・ω・`)


みちゃむん(以下M):《マガマガポケッチュ!?(´Д`;)》


S:そう!マガマガポケッチュ(´・ω・`)マガマガポケッチュ
すげぇよマガマガポケッチュは


M:《マガマガポケッチュね!元気でよろしい!年末だものね(笑)すげぇのか(笑)》


S:来年流行るよ!
マガマガポケッチュ


M:《だよね〜(笑)マガマガポケッチュ使ってくわぁ(笑)》


S:そうそう
あー、今日のマガマガポケッチュすげぇなぁ
とか、
あ、今日マガマガポケッチュチェックしてないな
とかね(笑)

そうしてちょ(´・ω・`)


M:《じゃぁ今日のマチュピッチカに書いとくわぁ(笑)》


S:マガマガァ・・・

ポケッチュ!はいよ(´・ω・`)


M:《眠いね〜。お笑いDynamiteつけながらまじ眠りしてたわぁ(笑)》


S:ゆっくり寝たいなぁ
もう大晦日特番かー(´・ω・`)
特に見たいのないなぁ今年は(´・ω・`)
紅白かな

マガマガポケッチュだわ

紅白もなぁ(´・ω・`)
ジュリー藤尾を出せよ
コロッケ出せよ
フューチャリングIKZOしろよーと思うよね

本当マガマガポケッチュだよ(´・ω・`)


______________________________________

ジャニ中の面白さ、真髄が少しでも伝わったでしょうか。
我々は追って彼の生態を調査していこうと思います。
また面白い何かが起こり次第ここでお伝えしようと思います。
ではみなさん。
よいお年を☆■■■
posted by みちゃむん at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

マチュピチュへ行きたい皆さんへ

このブログ『マチュピッチカ迷走記』は


ぼくマチュピチュマイスターのジャニ中が、マチューに行くにあたっての


ありったけの勢いと

暴走する想いと

少々のスパイスを


ほかほかのうちに皆さんに煮汁とともに送り届ける迷走記録です。
posted by みちゃむん at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。